• slide04
  • slide03
  • slide02
  • Slide01

12

bai2

K&V Medical Consultation Servi ce

2015-5-30

はじめに ベトナム戦争が終わるとすぐに日本はベトナムに医療支援を開始し、昨年40年となりました。その間ホーチミン市に1000ベットのチョ-ライ病院を建設して、市民の治療に役立ててきましたが、ベトナムと日本の友好40年を記念して今年から1000ベットを増やす計画が始まっています。

しかしベトナムでは、病人の数が急激に増えているために医者や看護婦の数が足りず、癌などの治療に時間と手間のかかる病気の治療に手が回らないのが現状です。

そこで現在ベトナム人医師が、短い時間で有効な治療ができる

日本の病院に研修を受けに来ており、彼を通してベトナムの患者さんでも

日本での治療を受けられるようになりました。

私たちは彼を教育している医療グループであり、ベトナムからの患者さんを受け入れて治療するネットワークを作りました。

現在ベトナムで治療が受けられないベトナム人の患者さんを、日本に連れて行って助けます。

技術の足りないベトナム人医師も日本の病院で一緒に治療に加わり、経験を積みます。このネットワークで学んだベトナム人医師が、ベトナムに帰ってベトナムの患者さんを治療すれば、将来はベトナムの患者さんは、どんな病気でもベトナムで治療を受けられるようになります。

私たちの事業は、ベトナムの医療技術の向上を目的としたソーシャルビジンネスです。対象はベトナムで手術を断られた進行胃がんや大腸がんの患者さん。ベトナムでは手術ができない食道がんやすい臓がんの患者さん。またベトナムでは肺がんの手術は難しく、手術も大きな傷で手術後痛みが続くことが多いです。

日本での肺がん手術は傷も小さく、安全で入院も短く痛みが少ないのが特徴です。

小さな傷ですぐに社会復帰したい方には最適です。

会社紹介 ベトナムでは治療の難しい病気や受けられない治療を、日本の病院で受けていただく手配をする会社です。

対象となる患者さんは、ベトナムで手術を断られた進行胃がん、大腸がんの方。

ベトナムでは手術ができない食道がん、すい臓がんの方。

また、ベトナムでは肺がんの手術は難しく、手術も大きな傷で術後も痛みが続きます。

日本の肺がん手術は傷も小さく、安全で入院期間も短いうえに痛みも少ないです。

小さな傷で早く社会復帰を希望する方には最適です。

業務紹介

1、ベトナムで病気と診断された方の診断と治療について相談をお 受けします。

まず病院でもらった検査結果や紹介状を、日本に送れるように  資料作りをします。

これを日本に送って、診断・治療の検討をしてもらいます。

2、ベトナムでは治療が難しい病気、ベトナムでは受けられない治 療を日本の病院で受け                                                          るかどうかを検討し、患者さんの希望があれば治療に最適な病院を選別して治療を引                                                             き受けてくれるよう に交渉します。

3、患者さんは当社の医療通訳スタッフと一緒に日本に行きます。

スタッフは患者さんがベトナムを出発して日本で治療を受け、再 びベトナムに帰ってくる                                                         まで、患者さんの病室に付き添って  通訳をいたします。平均日数は2週間。

4、患者さんが日本での治療を終えてベトナムに帰ってきたあとは、 ベトナムの病院に通え                                                        るように手配をします。

日本では、ベトナムの保険は適用されませんので、すべて自費になります。

ベトナムと日本では物価が違いますので、医療費はベトナムよりかなり高くつきます。

渡航や滞在も含めて費用のことは相談ください。詳しくお答えいたします。

まずはお電話を。

費用

1:病気の診断と治療についての相談。

2:日本の病院との交渉。

3:渡航費用(往復)、スタッフ派遣費用

4:日本での治療費用は直接病院に支払っていただきます。

当社が予想される医療費を病院と共同で算定しまして、入院時に予想費用 の50%をクレジットカードで支払って戴きます。

残りは退院時に支払い下さい。

5:帰国後に治療を受ける病院の紹介料(医師への謝礼を含みます)